赤と蒼のエーレンベルグ Eherenberg of Red+Blue 第1話レビューです。

スポンサーリンク



『赤と蒼のエーレンベルグ』 最新レビューなど

・『赤と蒼のエーレンベルグ』最新話レビュー

・『赤と蒼のエーレンベルグ』 レビュー一覧

新連載!!美麗学園百合物語!?

新連載です。

絵がキレイだな〜と思ったら、大岩ケンヂさんですか。。

相変わらずの美麗な絵と可愛らしいキャラクターですね。

当時『NHKにようこそ!』の第一話でいきなり少女の自慰シーンが描かれていたのには驚きましたが、本作では…

まさかの!!過激さ!!本気の百合漫画でした!!

いきなりこの展開。。

すごいな。。

 

蒼井林檎と紅威 果実

眠る少女、”蒼井林檎(あおい りんご)”の唇を奪う少女。

それも…

裸!!?しかも目がハート目になってる!!!

目覚めのモーニングキスと言いながら眠っている林檎に音がする程のディープキスをするこの積極的な少女は”紅威 果実(あかい このみ)”!!

それにしても、この日から高校に入学する少女とは思えない程の精神的かつ肉体的早熟さですね。

コノちゃんこと果実は林檎を熱愛(異常な程に??)しているようです。

林檎はやや…困惑気味??コノちゃんの片恋慕なのかな?

林檎にとってコノちゃんは初めて出来た大切な友人…ですが、コノちゃんの中では林檎と付き合っていることになっているようです。

スポンサーリンク



寮生の友人。鷺宮命、豪徳寺巴、瑞原紗理奈。。

同じ寮の寮生達も一癖も二癖もある娘たちです。

左から鷺宮命、豪徳寺巴、瑞原紗理奈。

3人とも林檎と果実の…というより果実の夜這いには慣れっこの様ですwww

一応、今のところ明かされているところでは、鷺宮命はこうみえて男の娘だということです。女子寮に入れるんですね。。

それから豪徳寺巴は“万年発情期”の二人に“羨ましい”と…むっつりスケベキャラかな。。

個人的に一番気になっているのは瑞原紗理奈。男言葉の理知的な美少女。変わった帽子ですね。

で、何が気になるかと言うとカラー絵で唯一人色が違い、白塗りなところですね。

主要2名の林檎と果実は中心でオールカラーは当然ですね。

それとまだ登場していませんが、彼女らの両横にいるやや大きめに描かれている2人は第2話から出て来る重要キャラです。互いが互いに関連深いキャラです。

で、命と巴は小さめにピンクで描かれてますね。ならば、立ち位置的に紗理奈もピンクで小さめに描かれるべきと考えるわけですが…、何故か白でやや大きめに描かれている。

命、巴とは差別化が図られるような、なにかしら重要な役割がありそうです。

まあ、未確定なことを長々と書いていてもしょうがないので…。

てか、制服エロくない??皆よく涼しい顔でこんな服を着れるなwww

ちなみに、透け透けなので普通に下着が丸見えですwww

それからもうひとり、寮長さん。

鷺宮寮長(鷺宮誠)。。命のお母さん??だから命が寮にいられるんですかね。

この日から新学期が始まるようで、彼女たちは女子校から共学へと進学します。

謎の生物と謎の女性

ガイダンスのために集まって来る新入生達。

その様子を眺めている…

…なんだ、この生き物は??

さらにこの謎の生物が話しかける謎の存在。

“新たな種子”の気配を感じると語る彼女。

” きっとコレなら私の黄泉を喰らい 現世に目覚めさせてくれるはず… “

” 幼く可愛い愛の気配… “

なんでしょうね。封印でもされているのでしょうか?

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。



スポンサーリンク