『無邪気の楽園』LAST PARADISE(最終話) “無邪気の楽園” レビューです。

スポンサーリンク




無邪気の楽園 最新レビューリンク など

・無邪気の楽園 最新話レビュー
・前話 PARADISE.77″別れの楽園”レビュー
・『無邪気の楽園』 レビュー一覧
・『無邪気の楽園』 単行本 レビュー一覧
・『無邪気の楽園』既刊・最新刊情報

ついに完結!!無邪気の楽園!!楽園は無限ループ!!?

6年の連載を経て、ついに『無邪気の楽園』が結末を迎えました。

15年前の小学5年生の頃にタイムリープした省太の”楽園譚”に終止符が打たれます。

覚悟を決めて、元の時代へと戻った省太に果たしてどのような結末が待っているのか…。

個人的には、なかなかに意外な結末でしたが…笑

ある意味一番のハッピーエンドかもしれませんね笑笑

元の時代へと戻った省太。目覚めたのは…。

省太のタイムリープは無事成功し、元の世界へと戻ってきます。

省太が目覚めたのは病院の一室。

やはり溺れたこと自体は事実だったみたいですね。

その後、3日間昏睡状態が続いたそうです。

病室には省太の目覚めを待っていた佐々木奈子とユースケがいました。

3日間昏睡状態の友人を見舞うにしては、なかなか冷静ですね笑

省太の目覚めを確認して奈子は国際線の乗務へと向かいます。奈子も夢を叶えてCAになったようですね。このみも無事女優としての道を順調に歩んでいるそうです。未来が変わらなくてよかったですね。

ちなみに省太が昏睡状態になってから、父親がずっと泊まり込みで看病していたそうで、不仲だった親子関係も改善されそうです。

省太はというと、どうも記憶が混濁しているようで…。タイムリープで飛ばした時間の記憶と、その間は失っていたはずのタイムリープ中の4か月分の記憶とが補正しあっている影響のようです。

スポンサーリンク



同窓会の夜の出来事。謎の女性は朝木鈴音??

さて、省太がプールに落ちた夜のことです。

溺れていた省太を引き上げ、蘇生したのはやはりリオだったようで、

PARADISE.29″死の淵からの楽園”で省太が垣間見たヴィジョンは事実だったわけですね。

それから奈子がその晩に不思議なことが起きたと語っていて、省太が落ちる直前に省太がプールに落ちたことを知らせる女性の声がしたとのことでした。

後ろ姿しか目撃されていないということですが…。おそらく鈴音でしょうか?

彼女も無事に元の時代に戻れたようですね。

ただ、彼女の最終話の出番はこのワンシーンのみ、しかも後ろ姿だったので個人的にはちょっと残念。

唯一省太がタイムリープについて完全に共有できていた相手だっただけに、彼女が元の世界に来てどうなっているのか興味があったのですが…。

タイムリープのもたらしたもの。

さて、無事退院した省太は、タイムリープ中の4か月のことを“現実逃避したいニートの見た走馬灯”と考えていますが…。

省太が帰宅すると…

彼の部屋はまるでオフィスのようになっており、さらに壁に貼られた写真は…

成長した省太とサヨとのツーショット

この写真を見たことがきっかけで省太は様々なことを思い出します。厳密には思い出すというよりは空白の時間の記憶が流入してくる感じでしょうか。

少なくとも省太が過去で行ったことは省太自身の未来には良い変化をもたらしたようです。

そして壁に貼ってあったのは、

省太がタイムリープする前に自分に残したメモ。

そこには、“毎日日記をつけること”と、“束同窓会の夜にプールに行くこと”、そして“サヨを大切にすること”が書かれていました。

んん?これってあのハガキですかね??前話”別れの楽園”で省太が自分、このみ、サヨに残した3枚のハガキについては特に触れられていないんですよね。。

他の二人への手紙は何が書かれていたのでしょうか。

 

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。
スポンサーリンク