無邪気の楽園 PARADISE.76(第76話) “楽園での決意”レビュー&ネタバレ感想 2ページ目です。

スポンサーリンク



無邪気の楽園 最新レビューリンク など

・無邪気の楽園 最新話レビュー
・前話 PARADISE.75″開かずの楽園”レビュー
・『無邪気の楽園』 レビュー一覧
・『無邪気の楽園』 単行本 レビュー一覧
・『無邪気の楽園』既刊・最新刊情報

七不思議の真実と省太の決意。

さて、そんなエロ面白いくだりを経て、本題へと入ります。

とりあえず、これまでの3回のタイムリープの情報をもとにその条件を解明したい省太は、鈴音に「学校の七不思議」について尋ねます。

で、偶然鈴音が「七不思議」の本を所有していました笑

ともかくそれによると、

1.異次元空間に行きたいと願いながら水に飛び込む

2.月の満ち欠けに応じて時間が飛ぶ(三日月なら3年、満月なら15年)

3.飛んだ先の同じ場所にその時間の自分が居る

の3つが条件で、これまではたしかに当てはまっているとのことです。そうだっけ??

まあ、ともかく、それらの条件を考え合わせると25歳の同窓会の自分に戻るには満月を少し過ぎた瞬間のみ。

さらに好みのタイムリミット前と考えると、その日時は…

” 明日しかない!! “

そして、ついに省太は決意をします。未来の世界へと帰る決意を…。

…とは言っても、すでにこのみは決心してしまっているわけで、時すでに遅し未来はもう変わってしまっているのではないのかな。。むしろ、説得してアイドルになることを見届けてから元の時代に戻った方が確実なような気が…。。

というか、すでに省太は過去を色々と変えてしまっているわけですから、このみがアイドルになろうがなるまいがもう未来は元には戻らないんじゃ…。

ちなみに、鈴音の本曰く、プールの異次元空間転移は10年で30件を超えるほど多いそうです。意外と、省太や鈴音以外でもタイムリープしている同級生がいるかもですね。。

決意を胸に、鈴音の家から帰ろうとする省太に…

帰り際に鈴音からの別れの口づけ。。

ちなみに省太は、タイムリープに戸惑う鈴音のために、元の(中2)時代に戻ることのできる日時を鈴音に教えていきます。

ただ、これもね…。既にその未来は事故を回避したことで変わってしまっているはず…。

果たして鈴音は無事に中2に戻れるのか…。

それにしてもなんだか、最後は鈴音が全部持っていきそうですね。

25歳に戻った時、このタイムリープのことを共有できるのは省太と鈴音の二人だけですからね。

スポンサーリンク



エイリアン棒の正しい使い方。エイリアンvs.時空エージェント朝木鈴音。

そして、省太の送り出しに伴い、お約束の”時空の歪み”に足をとられる鈴音。

さらに、その転んだ場所には、先ほど自らの手で投げ隠した”エイリアン棒”がちょうど落ちていて…。

これこそが、本来のエイリアン棒の使い方だ!!と、ばかりに大披露。

さすが、天然ドジっ娘!!朝木鈴音、ここにあり!!

まあ、省太の妄想イメージは正解だったわけですね笑

なんであれ、省太は鈴音の華やかな(?) 壮行に背中を押されて、己のすべきことに向かって踏み出していきます。

 

物語は終結へ…。省太をサヨ

ところで、省太が鈴音の家から出ていくのを後ろから見ていた人物がいます。

その人物とは…

池端サヨ!!

というか、このタイミングでこの場所にいるってどういうこと!!?ちょっと怖い!!

ともかく、残り2話。サヨは最後まで鍵を握りそうですね。

恋人であるサヨのためには、このままこの時代にいる方が良さそうですがね。省太はサヨとこのみどちらを選ぶのか…。そして、リオに鈴音に…。最後に正ヒロインの座を奪い取るのは誰なのか!!

まあ、すでにこのみ一択のようですが…笑

衝撃のラスト2話宣言に驚きが隠せませんが、果たして省太のタイムトラベルはどのような結末を迎えるのでしょうか。そして、他のヒロインたちもどうなるのか…。

前後話レビューリンクなど

・PARADISE.75″開かずの楽園”レビュー
・PARADISE.77″別れの楽園”レビュー

・『無邪気の楽園』 レビュー一覧
・『無邪気の楽園』 単行本 レビュー一覧
・『無邪気の楽園』既刊・最新刊情報

関連記事はページ下部にリンクがあります。

スポンサーリンク