無邪気の楽園 PARADISE.72″勝ち組の楽園”レビュー&ネタバレ感想 2ページ目です。


スポンサーリンク









漫画レビュー 無邪気の楽園 雨蘭 女子小学生 エロ 微エロ おっぱい 第二次性徴 ロリ 美少女 胸チラ ネタバレ 画バレ 

無邪気の楽園 最新レビューリンク など

・無邪気の楽園 最新話レビュー
・前話 PARADISE.71″思春期の楽園③”レビュー
・『無邪気の楽園』 レビュー一覧
・『無邪気の楽園』 単行本 レビュー一覧
・『無邪気の楽園』既刊・最新刊情報

・無邪気の楽園 ミチコ登場回 レビュー一覧はこちら<

林間学校の班分け。女の戦い勃発!!?

さて、学校に行くと…

目前に迫った林間学校に向けて、班分けが行われます。

確かに、リオも事故は林間学校の直前だと言ってましたしね。

そうか、ということは、新たな未来ルートでは省太が経験しなかった林間学校イベントが発生する分けですね。

そうすると、この班分けでどのヒロインと同じ班になるかが未来分岐の重要な要因になる分けですね。

…で、その重要な班分けですが、省太は相変わらずのハーレム状態。

ヒロイン達からのお誘いが引く手数多です。

ちなみに、ここにきてまさかのミチコのヒロイン復活です笑

さてと、そうこうしているうちに、省太を巡って女同士の戦いが勃発します。

そして、放課後…

省太が提案したのは

” 班分けゲーム “

省太が教室内に隠した”勝ち組”と書かれた紙3枚を見つけた3名が勝ち。

参加するのは、このみ、リオ、さよ、奈子、真夏、ミチコの6人。

林間学校は男女3人ずつのグループなので、ちょうど2グループ分ですね。

それにしても、迷惑な奴等だ笑

“勝ち組”は…

ともかく、ゲームスタート。

開始直後、意外にも真っ先に”勝ち組”札を見つけたのは…

リオ!!

皆の(省太の?)前であることも忘れ、とっさに喜びを表に現してしまいそうになりますが、なんとかごまかします笑

最近のリオは、本当省太の事好きすぎますね。

さて、続いてミチコが”勝ち組”札を見つけ、最後の一枚らしき札をまたしてもリオが見つけます。

しかし、最後の一枚に詰め寄るさよと真夏の圧力に圧倒され、リオの手から離れた”勝ち組”札は、そのままミチコの胸元へ…

ここから、さらに泥沼の女の戦いが始まります。

ミチコはその生贄になります笑笑

勝ち組札捜索開始 on ミチコ’sボディ

最後の”勝ち組”札を探し、ミチコへと詰め寄るサヨと真夏。

そのまま、嫌がるミチコに遠慮もなく服の中を…というか、服どころか下着の中まで弄りまわす二人。

もう恥も外聞もありませんね笑

奈子とこのみはさすがにこの状況にドン引き笑

二人は手を出せずにいますが、サヨと真夏、特に真夏は何のためらいもなくミチコの身体中いたるところを弄ります。

“勝ち組”札と間違って、ブラのタグを引っ張り胸をはだけさせたり…etc.

ミチコは別に省太とどうしても同じ班になりたいというわけではないだろうに、災難ですね笑

そしてついには…

パンツの中まで手を突っ込んで札を探します。

この熾烈な戦いを制したのは真夏でしたが、ミチコの服の中にはいっていた札は”勝ち組”札ではなく、”はずれ”札。

結局、別の場所に隠してあった本物の”勝ち組”札をサヨが見つけ…。

“勝ち組”は、リオ、ミチコ、サヨの3名となり、”班分けゲーム”は幕引きとなります。

もともと、リオと奈子、ミチコとこのみがそれぞれペアになっていたのにもかかわらず、全部バラバラになりましたね笑



スポンサーリンク





勝ち組?負け組??

さて、そうして決着のついた”班分けゲーム”でしたが、翌日”勝ち組”女子たちが選んだのは、省太とは別の班笑

というわけで、省太と同じ班になったのは、このみ、奈子、真夏の3人です。

相変わらず、リオは素直じゃありませんね。後悔しなきゃいいけど笑

” 女子バトルって “

” …怖い “

感想などなど

さて、再び小5に戻ってきた訳ですが、それほど大きな変動はありませんでしたね。

一緒に、タイムスリップしたはずの鈴音に至っては、今回は登場すらしていないし…。

ただ唯一…未来(中2)において大きな運命の転機となっていた“事故”は回避されました。

このおかげで、新たな未来ルートでは経験しなかった林間学校という行事への参加が可能になった訳ですね。

加えて、このみのマネージャーに遭遇するという展開。これも何かの伏線がありそうですよね。良くも悪くも“このみのいる世界”との距離は近づいている訳ですし。

それにしてもやはり、省太の根源的欲求は、このみと結ばれる(?)ことな訳でしょうから、最終的にそうなるように時空が補正されているのかな。

つまり、それを邪魔するような要因(それこそ今回の”事故”など)を回避できるようにと、実際にそういった要因に遭遇する前に、未来に飛んで過去を変えられるだけの情報を手に入れるという感じでしょうか。

だとすれば、PARADISE.69″思春期の楽園①”で未来に飛んだことも説明がつきますね。ただ、それだとさすがにリオが不憫すぎる…な。。

それに、今回のリオの反応から見ても、まだPARADISE.69~71で描かれた未来が実現する可能性も否定できませんよね。

ただ、少なくとも今回未来に飛んだことで、林間学校でこのみと同じ班になれた事実はありますよね。

そして、同時にサヨとは距離ができていく予感。。

ただ、まだ突然このみが射程に入る気もしませんから、同じ班の奈子か真夏かな。

特にリオの次にメインになるのはやはり未来でもピックアップされた奈子でしょうか。

>>PARADISE.71″思春期の楽園③”

ただ、そう考えると、なぜ鈴音が一緒にタイムスリップしたのか..。謎が深まりますね。。

それにしても、ここにきてミチコがヒロインとして復活するとは意外でした…。

前後話レビューリンクなど

・PARADISE.71″思春期の楽園③”レビュー
・PARADISE.73″聞き間違いの楽園”レビュー

・『無邪気の楽園』 レビュー一覧
・『無邪気の楽園』 単行本 レビュー一覧
・『無邪気の楽園』既刊・最新刊情報

関連記事はページ下部にリンクがあります。



スポンサーリンク












[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無邪気の楽園10【電子書籍】[ 雨蘭 ]
価格:596円 (2017/3/25時点)